FAQよくあるご質問

お客様から寄せられる、よくあるご質問とその回答をご覧になれます。

FAQ よくあるご質問一覧

Q.ご質問内容

   底板を作る場合、箱の内寸に対してどの位の大きさが適当ですか?


A.ご質問の回答

底板を作る場合、大体ですが、箱の内寸に対して5mm~10mmくらいマイナスした寸法にします。段ボールは紙ですので、箱の内寸ピッタリにしてしまっても押し込めば入りますが、もし数が多ければ、押し込むのも手間ですよね。かといって、ゆるゆる過ぎても、底面に段差ができてしまいます。5mm~10mmくらいが、多くの場合、ちょうどいいと感じられる寸法です。

また、余談ですが、底板を作る=底面を補強したいという理由がほとんどと思いますが、底板の他に、オーバーフラップという方法もあります。
オーバーフラップは、右の動画のように、箱の形式がA式(ミカン箱タイプ)の時、外側の蓋2枚を真ん中合わせにするのではなく、2枚のフタの長さを延長させて、蓋同士が重なるようする方法です。こうすることで、実質的に底板を引いたと同じ効果を、底板を使わずに得ることが可能になります。この方法、お勧めですよ。

底板の寸法内寸に対しての底板のサイズ

オーバーフラップの箱オーバーフラップの箱

お問い合わせはこちら

お客様がお知りになりたい内容がこちらに掲載されていない場合はお手数ではございますが、 「お問い合わせフォーム」または電話(0120-97-8583)にて随時受け付けております。お気軽にご相談ください。

印刷ダンボールでできること

ミラプリでより魅力的なダンボールに!

Webかんたんデザインツール

印刷段ボールのデザインをWebで

誰でもかんたんに作れます!

ロゴ

写真

イラスト

版代0円で印刷可能!

▶Webかんたんデザインツールはこちら

スタッフからひと言

営業部担当

オーダーメイドと言っても私たちがしっかりサポートするので簡単にイメージ通りのダンボール箱を制作できます。
お気軽にメール、又は0120-97-8583 までご相談ください。

営業部担当

最先端の技術と人間力で他の会社には負けません!1箱からの製作も承っております。どんな難しいオーダーもお任せください!

業務部担当

初心者の方やダンボールの知識がない方でも安心していただけるよう、私たちがしっかりサポートいたします。お気軽にお問合せください!

業務部担当

「お客様から”ありがとう”と言っていただけるサービス」を常に心がけております。どんなご相談も丁寧にご対応致します。

製造部担当

箱職人としての誇りを持って、お客様との絆を感じながら箱作りをしています。製造上の問題解決など、私にお任せください。