段ボールガイド段ボール箱について、段ボールへの印刷について分からないことはここでチェック!

段ボールの厚さと材質

段ボールは1枚の紙で出来ているのではなく、基本的に「表の紙」「中芯」「裏の紙」の3枚の用紙で出来ています。 その3枚の材質をそれぞれ変えることによって、強度が変わります。また、中芯は、規格で波の高さが決まっています。 基本的なものは、「5mmのA段」「3mmのB段」です。
他に、A段とB段を貼り合わせた二重の5枚構造の段ボール「複両面段ボール」もあり、これをダブルフルート「W/F」と呼んでいます。
紙質がを変えることにより強度が変わるため、厚いから強い、薄いから価格が安いということにはなりません。

Aフルート(5mm厚)

一般的な段ボールの厚さで、引越し、運搬などでも多く使用されています。

Bフルート(3mm厚)

軽量物や小型の宅配箱に使用されます。Aフルートよりも並々の密度が高いです。

Cフルート(4mm厚)

段目が密になっているので厚さが薄くても強度があります。

Eフルート(1.5mm厚)

並々が細かく、段目が目立たないのでパッケージやギフトBOXとして利用されることが多いです。

Fフルート(1.1mm厚)

段目が細かく、平骨度が高いので精密なフレキソ印刷に向いています。メール便用の箱に用いられます。

Gフルート(0.9mm厚)

オフセット印刷機でダイレクト印刷が可能な段ボール。この場合、合紙という工程を省けるので割安になる場合あります。

Wフルート(8mm厚)

A/FとB/Fを貼り合わせたような構造で5枚構成の段ボールです。主に重量物用や海外発送用に使用されます。

2層AA段(約10mm厚)

5ミリを2層にした段ボール。手でつぶれないくらい硬い紙で、通い箱などにも使用されます。

3層AAA段(約15mm厚)

パレットなどに応用できる段ボール。一般段ボールと比べると6倍~10倍位の強度を発揮します。

厚紙(コートボール紙)

段ボールとの違いとして、段目がありません。独特のしなりや、曲りが出せるのが特徴です。

プラスチック段ボール

水に強く、耐久性があります。厚さ、強度、色も様々です。通い箱や保管箱に使用されます。

段ボールの材質について

段ボールの材質には、表と裏に使われる「D4」「C5」「C6」「K5」「K6」「K7」という材質があります。 当社では一般の見積もりに段ボールの材質は、「C5」を使用しています。 より強度が必要な場合には「K5」や、さらに上ランクの「K6」を使用します。 ・・・続きを見る

一般的な段ボールの厚さ

より広く知られているA/F(5mm)やそれに近い厚さのものが多いです。・・・続きを見る

特殊な段ボール(段ボールへの加工)

最大1トンまで耐えられる3層段ボールや極薄0.9mm程度の段ボールなど使用用途や、コストパフォーマンスを考えた時にこれらの段ボールが使用されることがあります。
また、水を弾く撥水加工をされたものや、プラスチック素材で出来たプラスチック段ボールというものもあります。・・・続きを見る

材質判断の目安

本来は段ボールを切って重量を量るのが正確な材質判断の方法ですが、ここでは大雑把に判断目安にして頂ける程度の豆知識を記載します。・・・続きを見る

各形式の段ボール箱製品一覧

A式段ボール箱一覧

一般的なみかん箱型。単価が安く強度に優れ、配送用等あらゆる用途で利用。 商品一覧へ

B式段ボール箱一覧

バリエーション豊富。ソフトウエアパッケージ等によく利用されている箱です。 商品一覧へ

C式段ボール箱一覧

本体と蓋が分かれる形式。ギフト用一般他再開封や強度を特に求められる箱等に。 商品一覧へ

N式段ボール箱一覧

仕上がりが美しく保管も効率的。CDや電子部品のパッケージ等でお馴染みの箱。 商品一覧へ

たとう式段ボール箱一覧

書籍やCDなどの薄い物の包装用に。メール便のパッケージとしても使用可。 商品一覧へ